ぎょむ?
「ブラック企業」って言葉の定義が「法的にはスレスレだけどギリOK」みたいな印象与えてるのも事実だからこのレッテルやめようよ。れっきとした違法行為を犯してる「犯罪組織」でしょ?
「生徒から『けいおん!』を勧められて、話の種になればと見てみたら衝撃を受けました」。その感動を伝えるため、ついにはブログも開設。「けいおん!」によって「本来の自分に戻った」と語り、アニメとの出会いを「これも将棋から生まれた縁」と笑う。

差別用語を使うなと主張しておきながら相手を土人呼ばわり、なんだろうねこの二重基準・・・土人、もろに差別用語だと思うんですけど。 

「感情」の共有が主目的な各種SNSと、「知識」の共有が主目的なwikipediaで性別構成を比較することの意味を深く考えると、ちょっと嫌な気分になってきませんか?>世のフェミニストな方々。

近年、欧米の若者を中心にアナログレコードの人気が復活し、売上枚数は過去最高水準に迫る勢いで毎年増加しています。その一方で問題として浮上してきたのは、アナログレコードのプレス工場の設備不足のため、世界中からオーダーに見合うスピードで製造することが困難なことが問題になりつつあります。

チェコにある世界最大のプレス工場GZでは、今年2月に1日だけで4万2000枚のアナログレコードをプレスするほど現場はフル稼働体制で生産しています。GZはさらに6台の中古のプレスマシーンを購入し、受注に見合う製造規模を拡大しようと試みています。しかし、これらのマシーンの半数を正常に作動させることは難しいと伝えられています。

世界的な「アナログレコード」人気復活の裏側で浮上する問題点 | All Digital Music

プレーヤーのメンテナンス、交換用のレコード針なんかも、もう作ってるメーカーも少なくなってきてるから問題になりそう。

(via tatsukii)

kaijusaurus:

Godzilla, King of the Monsters: the first 60 years of destruction in title cards.

先日のワールドビジネスサテライトで、日本企業経営者の水かぶりが、メディアを大量に呼んで記者発表会よろしく開催されているのをみて、すっかり引いてしまったのも事実です。
海外だとレディガガとかネイマールとかブッシュ元大統領ですら、動画は個人のYouTubeとかインスタグラムとかでカジュアルにやってる印象だったので、こういうボトムアップの運動も、日本に来るとすぐにテレビ向けのPRネタになってしまうんだな、という点については非常に複雑な気持ちで拝見してます。
iphone越しに手話で会話している人がいて、ああそうか、スマホの登場によってようやく耳が聞こえない人も「電話」ができるようになったんだな、という、気付けばごく当然のことに改めて気付いてしまった。
(via chptr22)

最高顧問 増田教授、水流教授はメガネでいまも公式ホームページで紹介されております。

経歴も東大の名誉教授とかそんなご立派な単語が並んでますが眼鏡。ええ眼鏡。老眼が心配なら自慢の老眼レーシックや遠近両用レーシックでもやればええじゃないかと。ドライアイが心配ならその道の権威でレーシック手術も実施している慶応の坪田教授(眼鏡)にでも頼めばいいんじゃないかと誰もが思ってるはず。なのに誰ももう指摘しないこの業界。