ぎょむ?

「がんばるぞい!」が大流行中ですが、これは先生としてはしてやったりですか?

得能先生:むしろその次のシーンのために描いたつなぎだけのコマだったので、ラッキーパンチだと思ってます。 宣伝で使えるときだけ使わせてもらって、それは忘れて2巻をがんばろうと思ってます。

SFファンに普遍で評価の高い作品には、「ぱっとしないおっさんと若い女の子がハッピーエンドを迎える作品」「幼い女の子が酷い目に遭う作品」という要素が含まれている確率がなぜか高い。
ゲラー氏自身はブラックベリー派で、これからもブラックベリーへの忠誠心は変わらないとしている。ゲラー氏は実際、ブラックベリーを「これまで何台か折り曲げたことがある」。
2006年6月18日~7月20日に千葉県銚子市の民家にあった同型機から,243MHzの電波が279回発信されたことが確認された。信号を受信した海上保安庁がその都度,救難活動に出動したが異常を発見できなかった。同じ現象が続いていることに気づいた海保が発信源を特定したところ,問題のコードレス電話機が見つかった。海保は救難活動のために延べで,巡視船18隻,航空機19機を派遣した。
ブンモーwwwwwブンモーwwwwwブンモーwwwwwブンモーwwwwwブンモーwwwwwブンモーwwwwwヴィーンヴィーンwwwww
この曲何だか判りますか?

山小屋の人から、下山を勧められ、「けがしている人たちを見捨ててくるようで……」と後ろ髪をひかれながら「火山灰の中を雪山を滑り降りるように下山を続けた」という。27日は「五の池小屋」で一夜を明かした。まきストーブもあり、食事もけがの手当てもしていたという。「布団で寝られた。ほっとした」と振り返った。

「幸運にも社務所の横にいて最初に逃げ込めたから助かった。目の前で亡くなった方がたくさんいた。早く家族の元に帰れることを祈っています」と話した。

庵野も、モユルも、自分の生き方を変えなかった。ベタに徹すれば売れる、というジャンプの誘いを断り、自分の信じる「シリアスな絵でバカをやる」にこだわり抜いたモユルは、なにひとつ妥協せずに自分の夢を貫いた。
だから、このラストは大ハッピーエンドなのである。
モユルは「あえて寝る!」と叫ぶ。土壇場でまず逃避する彼のクセは、大学時代からなにひとつ変わっていない。唯一、変化したのは「それでもプロか?」と聞かれたときに「オレはプロだ!」と言い返せるようになった、ということ。

在特会がおおっぴらに「在日特権」の存在を批判してるから
その「内容」を一般に知らせないために「ヘイトスピーチ」って名づけて
喋らせないように、あるいは一般人が聞かないようにする意図だと思う。

子供のケンカでいえば、相手が何か言おうとするのを「ワーッ!ワーッ!」って
大声をあげて掻き消そうとする感じ。(暴力も同時にふるいながら)

いじめ研究の第一人者として有名な内藤朝雄(id:izime)氏は、「いじめを無くすためにはクラス制を解体すればよい」という主張を昔からしているんだけど*3、↑のような観点から見て、これは圧倒的に正しい。ただ、学校には協調性や社会性を養う機関という側面もあるから、「いじめを無くすために、学校をコミュニケーションの重要性が低い環境にしよう」という主張はなかなか受け入れられにくいのが難しいところだと思う。

ただ今の学校は、実社会に比べてあまりにもコミュニケーションの重要性が高すぎる空間なので*4、コミュニケーションの重要性を下げ、同時にコミュニティの流動性を上げることは、もっと検討されて良い課題だと個人的には思っています*5。

閉鎖空間かつコミュニケーションの重要性が高い場所で、いじめは発生する - 世界のはて (via sokai) (via nasunet)

うわああ、これ正解だよ。

(via mitaimon) (via konishiroku)

ホームルームと授業を切り分ければ実現できそう。担任制だって維持できる。ただし小学校だと難しいかな。でも、高学年ならできるかな。教科によってはクラスの枠を外して組み替えてる授業もあったりするしね

(via scsa, hidetox-deactivated20140211) (via gkojax-text) (via yaruo) (via pha) (via jark-memo) (via poochin) (via shibats) (via pcatan) (via hepton-rk) (via otafood) (via magurohd) (via tobyluigi) (via petapeta) (via bbk0524) (via deli-hell-me) (via gkojax) (via windsock) (via moja-co) (via hughughug)