ぎょむ?

犬がいなくなってから12日間、森で探し続けた。

もうそれ以上探しても無駄だとあきらめたとき、二人の猟師に出会った。

彼らは仕事で犬を時々見失うがいつも見つかるという。

彼らに教えてもらった方法のおかげで犬を見つけることができた。


01



飼い主が少なくとも一日着ていた服を犬を最後に見たところへ持って行き置いておく。

もし、犬の好きなおもちゃがあれば、それも置いておく。

他の人に片付けられないようにノートを残すといい。

水の入った容器も置いておく。

餌を置いておくと違う動物が寄ってくるから餌はダメ。

次の日チェックに行く。

私はこの方法聞いたけどあまり信じなかった。

だって12日間犬を呼んでいて聞こえていないのに、服を見つけるわけがないと思ってた。

でも次の日に行ってみたら犬がいた!

この話は犬をなくした人に役立つといいですね!

彼「たかし、フェミニストと差別主義者は別物だろう。」
僕「でも、日本でフェミニストといえば彼女のような人だ。自分でもフェミニストって言ってるし。」
彼「???よく分からないけど、イギリスとは概念が随分違うようだね。」

彼「日本では男性へのヘイトスピーチを行う人をフェミニストと呼ぶの?」

89年に入って、性犯罪者予備軍の意味が、冤罪的にオタクに付け加えられることになる。
 89年前半には、オタクは「異性にモテない」か「犯罪を招く」という文脈で語られるようになっていたが、宮崎勤事件が「オタク=性犯罪予備軍」の間違ったマイナスイメージを広範囲にばらまくことになる。

 この時も、意図的にビデオテープがばらまかれた。
 そして意図的にロリコン趣味と結びつけられた。

1983年当時、オタクが侮蔑されていたのは、
1.ファッションセンスが皆無
2.恋愛能力が皆無
 この2つの理由によるものだった。
 当時、時代は恋愛市場自由化の社会へ向かっており、「自分たちはファッションセンスがあり、恋愛能力(女の子を引っかける力)があり、女の子とセックスできる」と思い込んでいた者たちが、自分たちのポジションを高めるためにスケープゴート的にオタクを侮蔑したのである。
20年前くらいのフランスの雑誌(らしい)で、フェミニストが「男への憎悪を晴らすのにフェミニズムを利用するな!」って怒ってた。どこの国でも一度は通る道っぽい。
実際にアプリを使用した人は、「このアプリは本当にすごいよ。おかげさまで彼女の浮気も見つかって今は独り身さ……。傷ついたけど真実がわかってよかったのかな」などと悲惨なコメントも残している。
記者の人員を減らすことが目的ではない。自動化によって単純な記事の作成から解放され、より重要な記事に集中できるようになるので記者にとってもメリットが大きい
マンダーは、地元住民の一部にライフルや暗視ゴーグルを装備させ、兵士のように訓練し、密猟者を捕らえて刑務所送りにするという、“ハード”な保護活動を行っている。彼は語る。
「これは野生動物を守る戦争なんです。これまでの生ぬるいやりかたでは決して勝てません」
日本のディズニーリゾートのキャラクターのパフォーマンスレベルの高さは世界からも称賛されるが、こうした日本的な体育会系システムと希望に満ちた労働者の犠牲の上に成り立っているというのは皮肉な話だ。
以前は、行列があれば待ち時間も楽しくするためにアトモス(アトモスフィア・ショー)がありましたが、現在は『エンターテインメント・ショー製作費』が大きく削られて(2009年3月期は154億円だったが、14年3月期では55億円と、ほぼ3分の1にまで削減)、ほとんど行われなくなりました。ゲストは、ただただ待たされるのみです