ぎょむ?
、苦味の特性を生かした「気分転換」「ストレス発散」といった選択肢は増えるわけで、ビールだけに求められていた苦味は日中や日常的なシーンへ分散化が進むことでしょう。ですから、「(従来製品としての)ビール離れ」はあっても「苦味離れ」や「味覚音痴」ではなかろうというのが筆者の見解です。